HOMEMOYUって何?

MOYUって何?

MOYU商品ラインナップ

私たちのこと

金澤の伝統 × 化学の融合

MOYUの商品は日本三名山である白山の伏流水から造られる日本酒(白山菊酒※)由来です。
ここで造られる日本酒は、保湿成分「α-EG」を多く含むことが研究を進める中で発見され、商品開発に至ることになりました。
長きに渡り守り続けられる伝統の日本酒の発酵技術と、最先端の化学(α-EG)の融合により生まれた金澤MOYUの商品、 そして私たちの想いは、ここ金澤でしかできない金澤の心そのものです。その想いが皆様の心まで届くよう、 この愛すべき金澤から発信していきます。 ※ 白山市内で醸造された清酒。石川県純米酒はナショナルブランドに比べ1.4倍α-EG含有量が多い。 (2016年9月28日 公益社団法人日本生物工学会にて発表)

金沢鼓門

エイジングケアの根本

MOYUは、「エイジングケア」と向き合い、起業から今日に至るまで精力的に取り組んで参りました。
MOYUは精神・環境・内臓の3つの柱でトータルケアを行います。

● 精神 → Mental Beauty MOYU
睡眠の質を高めることで、成長ホルモンの分泌も促されます。MOYUでは、オーストラリア直伝医療的セラピーを提供。カウンセリングを通じて、お客様の身体に合ったオリジナルセラピーを行います。

● 環境 → BE WASH
地元、車多酒蔵、金沢工業大学の産学連携で2年間にわたり、保湿成分「α-EG」の研究に取り組みました。皮膚真皮層のコラーゲン量を増やすことが学術的にも実証学術的にも実証された「α-EG」をシャンプーをはじめとする商品に配合する事で、頭皮並びに皮膚の状態を正常に保ちます。

● 内臓→BE-LAC(乳酸菌生成エキス、高濃度ケイ素、イヌリン)
私達の身体は、食べ物から作られています。単に「抜け毛」「薄毛」「肌荒れ」などを1つの問題として捉えるのではなく、体の老化を正面から向き合い改善するには「食事」と「腸内環境」は重要なカギとなります。

精神・環境・内蔵

肌と髪を健やかに美しく保つ、日本酒由来の保湿成分 α-EG

「日本酒を仕込む杜氏の肌は美しい。」この事実は経験的に古くから知られてきました。その美肌効果の要因となっていたのが、日本酒独特の保湿成分「α-EG(α-エチル-D-グルコシド)」です。金澤MOYUはこのα-EGの優れた保湿効果に注目し、α-EG研究の第一人者である尾関健二教授(金沢工業大学)に協力を要請。研究の結果、全国に流通する大手メーカーの日本酒に比べて石川県の地酒にはα-EGが多く含まれていること、またα-EGがもつ新たな保湿機能を発見し、さらにα-EG増産技術の開発にも成功しました。

尾関健二教授の写真 (金沢工業大学 バイオ・化学部 応用バイオ学科担当 ゲノム生物工学研究所研究員)

尾関 健二 教授 金沢工業大学・バイオ・化学部
応用バイオ学科担当
ゲノム生物工学研究所 研究員

石川の地酒の力、
α-EGの効果を多くの方々に実感してほしい。

α-EGには以前から優れた保湿効果が認められていましたが、今回の研究により低濃度・短時間の使用においても高い効果が得られることが発見されました。同時に、石川県の地酒には全国ブランドの日本酒に比べて倍近い量のα-EGが含まれることも明らかになり、また環境に優しい方法、実用的なコストでこのα-EGを増産する技術も開発されました。金沢工業大学では、現在も、醸造技術の産業化に多大な貢献をし、石川県にも縁の深い高峰譲吉博士にちなんだ「高峰譲吉プロジェクト」のメンバーが中心となってα-EGの研究を続けています。今後も美容産業をはじめ多彩な分野でα-EGを活用した新商品の可能性は高まっていくことでしょう。これらの商品を通じて、全国の方々に石川の地酒の力、α-EGの保湿効果を実感していただきたいと考えています。

新たに発見された「α-EG」の2つの保湿機能

●低濃度・短時間でも速効性の高い保湿効果

α-EGには、日本酒に含まれる0.5%程度の濃度で長期使用することによる保湿効果が従来から認められていた。 今回の研究により、0.01%の低濃度・15分〜120分という短時間であっても速効性のある水分保持機能を持つことが発見された。

α-EG塗布120分後の角質水分量変化率とα-EG濃度の関係

●線維芽細胞を増やしコラーゲンの生産を促進

皮膚の真皮内で保湿効果を発揮するコラーゲンは、真皮層の線維芽細胞によって作られている。α-EGは0.00001%という非常に低濃度であっても、塗布や飲用によりこの線維芽細胞を増やしてコラーゲンの生産を高める機能があることが発見された。

α-EGの塗布・経口摂取による機能性についての図[線維芽細胞が増えることでコラーゲンの生産が高まる]

α-EG含有量 石川県純米酒はナショナルブランドに比べ1.4倍含有

石川の純米酒とナショナルブランド酒のα-EGの含有量の違い 酒母をたてているか、たててないかの違い

● ナショナルブランド平均 2~3日程
● 石川の酒造メーカー 約2~3週間かけて酒母を作る



酒母(しゅぼ)とは・・・
日本酒醸造の為に蒸した米・麹・水を用いて優良な酵母を培養したもの。
酒母の製造には、乳酸菌に乳酸を作らせる「生もと」「山廃もと」または、あらかじめ乳酸を加えておく「速醸もと」などの方法があります。

> 純米酒中のα-EG生産の研究(PDF)

BE WASHのご案内

"エイジングケアに努力はナンセンス。
MOYUはブレない本物志向のこだわりで人間の真の美を追求します。"

MOYU代表小坂治美 MOYU代表小坂治美 結果 「変化が確実に感じられないと納得できない」私が一番こだわる点です。本当に悩んでいるならば、安価で手に入りやすいものをいくつも試すより、クオリティの高い製品で効能・効果を感じてもらいたいと考えます。BE WASHのリピートが多い理由は、クリニックでも使用されている過剰品質だからです。
安全性 白山の伏流水から丁寧に造られる日本酒由来の商品で、厳選されたものだけを徹底した品質管理で生産しております。
大量の在庫を持たず安心・安全の商品を地元密着型で販売しております。
行動力 現代は物が溢れており、その中から商品や技術を取捨選択するのは容易ではありません。 弊社では、お世話になっているドクターの情報をいち早く形にしてお客様満足に努めております。医療はどんどん進歩しています。その横で、弊社の得意とする「スピードある行動力」でみなさまのトータルケアをサポートします。

やるからにはとことん追求する私の性で、こだわりのシャンプーの開発を行い、それらを使用した、限りなく医療に近い施術の技術を習得(WATEC認定インストラクター)、体内環境から健康を考え、全国初、サロンでの「オーソモレキュラー療法(栄養療法)」の取り組み。 どれも自分自身が体験し、効能・効果を実感、納得して【本当に良いと思ったものだけ】を提供しております。
そして、クリニックや選ばれた理美容室との提携(三位一体)による育毛から発毛に向けての新しいサポートシステムの開発・エステの技術向上の為のスクール開講、さらに自らの経験を元に中小企業診断士とタッグを組んだ経営セミナーの実施も行なっています。
愛すべき金沢で、本当の美しさを追求し、それを多くの方に届けることで皆様に実感いただけるようこれからも日々精進していきます。

代表取締役社長 小坂治美

page top