HOME金澤MOYUのコラム

金澤MOYUのコラムKanazawa MOYU's Beauty Column

美を追求する金澤MOYUの
スタッフが綴ります

MOYU掲載日/2018.02.14

αEGに社運をかける 後編

皆様、おはようございます。

さて、前回の続きをお話致します。

金沢工業大学の尾関教授にお会いして、私達にも光が見えてきました。

研究費は、私共が支払える金額で了承してもらえ、次にどこの酒造会社さんにお願いするのかを聞かれました。そして言われたのが「自分で酒造会社を見つけて来てください。」の言葉でした。

酒造会社に知り合いがいないので、もちろん飛び込みです。
能登方面から、石川県の酒造会社に何件飛び込んだでしょう。
全てお断りされて、その結果を報告していると、尾関教授から「車多酒造さんに連絡を取り、アポが取れたなら、私も同行しますよ。」と言われました。
後から聞いたことですが、焼酎免許を持ってないとダメだとか…
先に言ってよ!って感じでした。苦笑

尾関教授の応援もあり、車多酒造さんが「α-EG」の開発に取り組んでくれることになりました。

はじめは1年で取り出せる予定でしたが、お米の状態が思わしくなく、1年目は全く「α-EG」が取れませんでした。
2年目に入り、何とか進み出した時、今度は金策に駆け回ることに!
銀行からの借り入れも断られて、目の前が真っ暗になった時、金沢市の補助金に助けてもらい、全うすることができました。

ところが一難去ってまた一難!
今度は、「α-EG」が工業試験場から合格が頂けず、尾関教授から「もう一年必要だ」と言われたのです。「それでは弊社の体力が持たない」と、何とか頼み込み、車多酒造さんのご協力のお陰で、商品化まで持っていけました。

この2年間の間に、何人の人から「何もあなたがそこまでする必要があるの?保湿成分なんて、星の数ほどあるじゃない!」と言われたことでしょう。
それでも、諦めず取り組んだことで、私の自己肯定感も高まりました。

2回にわたりお話しましたが、これからも、いろんなチャレンジをして顧客満足に努めて参ります。

IMG_0415

 

page top