HOME金澤MOYUのコラム

金澤MOYUのコラムKanazawa MOYU's Beauty Column

美を追求する金澤MOYUの
スタッフが綴ります

IMG_3680
抜け毛予防掲載日/2018.09.04

腸の7つの働き

皆様、おはようございます。

今日は、台風21号により、金沢も小学生・中学生は、午前中のみの授業となります。
大きな被害が出ないことを願います。

さて、昨日は、加盟店様に向けての「乳酸菌生成エキスplus BE-LAC」の勉強会でした。

この「乳酸菌生成エキス」とは、簡単に言うと、ご自身の腸内環境の菌の種類を増やし、総数を上げるものです。

一般に、「乳酸菌=排便の調子が良い」ぐらいにしか考えない人が多いのですが、実は腸には7つの働きがあります。
合成・解毒・消化・吸収・免疫・浄血・排泄となります。
その中でも、特に知って欲しいのが、合成についてです。

腸内では、「ビタミン・ホルモン・酵素」も作られております。しかし、腸内環境が悪いと、この働き全てが上手くいきません。
ホルモンについては、よく知られているインスリンや、胃に働きかける消化管ホルモン、そして、セロトニンも腸と密接な関係にあるのです。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、脳内情報伝達ホルモンですが、体全体のセロトニンの90%が腸にあり、脳にはたったの2%しか無いのです。精神を安定させる為にも、腸内環境は、重要だということです。

最近の女性の薄毛・抜け毛の原因にストレスが大きく影響しています。ストレスを受けやすい女性には、絶対にオススメです!

次に、免疫!腸にはリンパ球が70%も集合しています。腸内細菌と協力して、腸の免疫細胞が病原菌やウィルスから体を守ると言われています。

腸内環境によって、血液の質が決まり、その血液が全身へと運ばれるのです。
髪も、もちろん血液からの栄養と酸素と熱で、細胞分裂していきます。
いわば、腸内環境こそが、どんな体を作るかの決め手となります。

善玉菌や、悪玉菌の数といった考え方はもう古く、いかに多くの細菌(170〜200)の種類とそのバランスが大切かということが、今注目されています。

乳酸菌生成エキスplusは、こうした最前の乳酸菌に高濃度ケイ素とイヌリンを合わせ、最強パワーで皆様の体を守ります。

どうぞ、一度お試しください。

IMG_3680

page top