HOME金澤MOYUのコラム

金澤MOYUのコラムKanazawa MOYU's Beauty Column

美を追求する金澤MOYUの
スタッフが綴ります

美と健康掲載日/2018.03.17

体内時計

皆様おはようございます。

この時期、マスクをしている人が、大変に多いですね。
私は、お陰様で前回ご紹介した「コッカス菌」で、昼間のマスクは、必要無くなりました!

さて、今日は体内時計についてお話し致します。

昨年の春に、ハーバード&パリ大学教授 根来秀行先生のお話を聞きに行きました。
テーマは、「毛細血管」についてでしたが、その話の中で気になったのが「体内時計」でした。
これは、時計遺伝子を理解して、その時間を合わせた上で、自律神経を制御し副交感神経を上げるとのことだそうです。
1日は24時間と言われていますが、正確には24時間11分だそうです。

また、朝の3時頃に「ガン細胞」が増えやすいそうで、この時間に熟睡出来ていると、随分容態が変わることも教えてもらいました。
何故なら、副交感神経は、「修復作業」が高まりますので、この時間の睡眠の質は、病気になりにくい身体づくりの基本となります。

そして、「エイジングケア」も同じこと!
いろいろなエイジングケアがありますが、この時計遺伝子をしっかり正常化することが、ベースになります。
まずは朝6時までに目覚めて、日光を浴びるのがとても重要だそうです。
日光=紫外線と捉え、嫌がる人も多いのですが、この場合の時間は3〜5分程度です。

ストレス社会と言われる現在、副交感神経を上げることが、エイジングケアには絶対的に必要不可欠です。

これから、どんどん暖かい日が続きます。
どうぞ、早起きして太陽の光をしっかり浴びて、一日のスタートをしてください。

IMG_0802

自然も咲く時期をわかってますね!

page top